【まめちしき】お部屋探しはVRの時代へ

お部屋探しはVRの時代へ

不動産業界がVRを積極的に取り入れてきているニュースをご存知でしょうか。

VRとは、正式名称をヴァーチャルリアリティと言い、ヘッドマウントディスプレイと呼ばれるゴーグル型のモニターを用いる事で、実際にその場に行かずとも、あたかもそこにいるかのような感覚を得る事が出来る技術の事です。

この技術は、ゲーム業界や映画業界などと相性が良い技術ですが、実は不動産業界にも革命を起こすと言われています。

当社でも8年位前から円周魚眼レンズで撮影した丸い映像をパソコンモニター上で展開するようなCubic VRという仕組みを賃貸ポータルサイトに取り入れる事をやっておりましたが、スマホを活用したゴーグル型のモニターが急に普及してきた事でさらにリアルな感覚を体感できるようになりました。

VRで部屋を内覧できるようにすれば、現在入居中の部屋であっても何時でも内覧出来るメリットがあります。

そして、リアルな感覚がありますので、写真だけで決める場合よりも入居後のギャップが少ないというメリットもありそうです。

たくさん内覧して自分の理想の部屋をとことん追求したい方は、100部屋くらい内覧する事も可能でしょうね。

もし、VR内覧だけで部屋を決める事が、今よりももっと一般的になれば、不動産会社は、わざわざ部屋まで案内する必要がなくなりますから、時間や手間を減らす事が出来ます。

という事は、人件費を節約できる事に繋がりますので、仲介手数料や広告費を今よりももっと削減しようという方向になっていくかも知れません。

仲介手数料については、近い将来、現在対面で行われている重要事項説明がオンライン上で可能になり、電子契約に対応するようになるとまでいわれていますのでなおさらですね。

このように、VRは、お客様にとっても不動産会社にとっても非常にメリットがある技術ですので、将来さらなる可能性に期待しています。

すでに当社でもVR機材を取り入れておりますが、実務上はまだまだアナログで案内している段階ではあります。

大手に遅れることなく最先端な不動産会社を目指して頑張りたいと思います。

=================================================
★LINE@でも豆知識掲載中です!
登録はこちらから↓↓↓↓

addfriends_line

The following two tabs change content below.
村上 篤史
1984年福岡県大野城市生まれ。2007年、同社入社。 2014年に同社代表取締役に就任。 福岡の街づくりを通じて、社会に貢献する事を使命に、より大きな事に挑戦し続けます。
LINE@登録

関連記事

不動産投資はじめての方へ

  1. IMG_1366

    LINE@で投資物件速報を配信してます

不動産まめちしき

  1. camera
  2. 110
  3. ガス給湯器
  4. 公示価格改
  5. 家主業,法人化,節税,不動産
  6. 空き家対策措置法
  7. 福岡市,天神ビッグバン,内容,とは
  8. 不動産,儲かる,円安,円高,収益,
  9. 節税,不動産,マイホーム,売却
  10. 不動産,価格,変動,調べ方
ページ上部へ戻る