【まめちしき】タワーマンションを買うと節税になる理由!

節税,不動産,タワーマンション,購入

2016年1月から相続税の税制が大幅に改正されました。

この改正により、今までよりも多くの方が相続税の課税対象者となります。

そこで今回の豆知識は、相続税対策の事についてお話します。

一般的に、相続税対策には不動産の購入が有効だと言われていますが、その中でも特に節税効果が高いのがタワーマンションの購入です。

不動産を相続する場合、土地は路線価、建物は固定資産税評価額を元に相続税評価額が算出されるのですが、建物の固定資産税評価額は実際の価格に比べると、かなり割安に評価されます。

つまり土地が小さくて建物が大きいような不動産は相続税対策にピッタリなのです。

このような不動産を思い浮かべると、まず浮かんでくるのがタワーマンションです。

固定資産税評価額は、面積のみを基準にした単純評価になりますので高層階でも低層階でも価格は変わりません。

でも実際の価格は高層階の方が高くなりますので高層階になればなるほど節税効果が高いという事になります。

※ただし、この節税スキームに対する世間の批判の声も大きく、2018年以降に建てられたタワーマンションについては多少評価の見直しが予定されています。

節税目的でタワーマンションの値段も大分上がってしまいましたし、そもそも平等性を欠きますので確かにあまりよろしくないですね…。

ぜひ、知識としては覚えておいてください。

=================================================
★LINE@でも豆知識掲載中です!
登録はこちらから↓↓↓↓

addfriends_line

The following two tabs change content below.
村上 篤史
1984年福岡県大野城市生まれ。2007年、同社入社。 2014年に同社代表取締役に就任。 福岡の街づくりを通じて、社会に貢献する事を使命に、より大きな事に挑戦し続けます。
LINE@登録

関連記事

不動産投資はじめての方へ

  1. IMG_1366

    LINE@で投資物件速報を配信してます

不動産まめちしき

  1. camera
  2. 110
  3. ガス給湯器
  4. 公示価格改
  5. 家主業,法人化,節税,不動産
  6. 空き家対策措置法
  7. 福岡市,天神ビッグバン,内容,とは
  8. 不動産,儲かる,円安,円高,収益,
  9. 節税,不動産,マイホーム,売却
  10. 不動産,価格,変動,調べ方
ページ上部へ戻る