【まめちしき】部屋を広くみせたいなら超広角レンズ

camera

ポータルサイトで入居者を募集する昨今、写真の仕上がりは入居率を大きく左右します。

管理会社に部屋の写真撮影を依頼するときは、必ず広角レンズで撮影してもらうことをオススメします。
なぜなら部屋の広さがかなり変わるからです。
どれ位変わるかちょっと見てみましょう。

iPhoneで撮影
iphone
テナントの写真ですみません。
iPhoneで撮影しましたが、一般的な管理会社の場合は、これくらいの画角の写真が多いのではないでしょうか。
これ以上画角の小さいカメラを使う場合は、部屋が狭く見えてしまいますので気を付けないといけません。
もちろん反響の数も減ってしまいます。

フルサイズ一眼+超広角レンズで撮影
koukaku
こちらが広角のレンズで撮影した写真です。
同じ位置から撮影しているのに部屋全体が写って広々と見えますね。

当社は、専属のフォトグラファーが2名在籍しておりますので写真の仕上がりはご安心ください。
レンズによって部屋の広さが変わるというまめちしきでした。

The following two tabs change content below.
村上 篤史
1984年福岡県大野城市生まれ。2007年、同社入社。 2014年に同社代表取締役に就任。 福岡の街づくりを通じて、社会に貢献する事を使命に、より大きな事に挑戦し続けます。
DVD無料視聴

関連記事

不動産投資はじめての方へ

  1. DVDプレゼント

    まずはDVD動画を見てください

  2. IMG_1366

    LINE@で投資物件速報を配信してます

不動産まめちしき

  1. camera
  2. 110
  3. ガス給湯器
  4. 公示価格改
  5. 家主業,法人化,節税,不動産
  6. 空き家対策措置法
  7. 福岡市,天神ビッグバン,内容,とは
  8. 不動産,儲かる,円安,円高,収益,
  9. 節税,不動産,マイホーム,売却
  10. 不動産,価格,変動,調べ方
ページ上部へ戻る